PAGE TOP

二日酔いに効く飲み物

二日酔いに効く飲み物、ちゃんととってますか?効果・効能ありと口コミで評判の二日酔いに効く飲み物や症状を改善させる二日酔い予防対策などをまとめました。
TOPPAGE

飲まなきゃいいとわかってますが・・

私は遺伝的にお酒が弱く、体質的に多くの量を飲めません。
ビールジョッキ1杯も無理です。
でも、飲み会でどうしてもお酒を飲まなければいけない時もありますし、その場の雰囲気でいつも以上に飲んでしまうこともあります。
そこで、私は二日酔いにならないように、まず飲む前に二日酔い予防をしています。
何より悪いのは、空腹です。
のどが渇いているのを我慢して、クーッとビールを飲む方もいますが、私にしたら二日酔いになる前提でなければそんなことはできません。
乳製品やたんぱく質がよいと聞いたことがあるので、かならず牛乳を飲んだりチーズを食べてから飲む席に臨んでいます。
飲んでいる間も気をぬけません。
必ず食べ物を食べながらお酒を飲むようにしています。
また、時々水を飲むようにもしています。
それでも、二日酔いになってしまった時は、とにかく水分を摂ってアルコールを体外に排出する努力をします。
経験上、水でもよいのですが、スポーツドリンクの方が効く感じがします。
ただ、スポーツドリンクはカロリーも気になるので、水で半々に割って薄い味のスポーツドリンクにして飲んでいます。
二日酔いに効く定番のしじみの味噌汁は、言うまでもありません。
身体にしみわたっていきます。
必需品です。
あとは、その日が休みならばひたすら寝ること。
願わくば二日酔いにならずに、楽しく美味しくお酒と付き合っていきたいものです。

飲む人に効くんです!

お酒とお酒の場が大好きな私は二日酔いとも長いおつきあい。
下手にお酒が強いので、楽しいと調子に乗ってどんどこ どんどこ飲んでしまいます。
若いころは自分の限度やお酒の飲み方もわからず、深夜まで飲んでることも多かった。
そして翌朝は必ず二日酔いで、仕事に行っても午前中は顔色が悪く、お昼休憩まで静か〜に時が過ぎるのを耐えていたもんです。
やっとお昼になり、かつ丼や牛丼などガッツリ&味濃い系のランチで塩分をとると復活!なんて荒行事のような毎日を過ごしていました。
あれから年月が経ち、少しは大人の飲み方がわかってきて、仕事も責任のあるポジションに着くと二日酔いなんてなってる場合じゃないんですよ!二日酔いになったとしても周りの人に悟られてはいけない立場になるわけです。
だからと言って、お酒が好きなのは変わらないわけで、仕事でも飲む機会多いし。
周りの同年代の酒好きはどうしているんだろうとリサーチしたところ、飲みに行く前に「ヘパリーゼWハイパー」を飲んでいる人が多かった。
あまり薬っぽいものに頼りたくはないんだけど、背に腹は代えられない!早速試してみると・・・ すごい!めっちゃ効くわ、これっ!翌朝スッキリ!多少具合が悪くてもこの程度なら全然OKといった感じ。
こころなしか、お酒飲んでるときもあまり酔った感じがしなかった。
それはそれで少し淋しいけどね。
でも、もう手放せません。
ガッツリ飲む前にはお勧めです!

梅干しと卵が最強に効く!

二日酔い対策には、飲みすぎないのが一番です。
分かっていても、お付き合いははずせない。
会社勤めをしていたころに気をつけていたのは、空腹で飲みに行かないこと。
それから、自分はあまり飲めない と、虚偽の申請(笑)していました。
どんどん飲ませたい上司もさすがに下戸には手加減してくださいます(願望も含みます)。
仕事関係でのお付き合いはこれで大概、量がセーブできていたように思います。
友人との楽しい飲み会であれば、お付き合いでの時と同様に空腹を避けるようにしています。
食事も楽しみたいので、ほんとに軽くですが口にしています。
量としてはソイジョイとかカロメ程度。
気をつけていても、体調によってはどうしても翌日に残る日だってあります。
その時は、朝ごはんを必ず食べるようにしています。
梅干しと卵は必ず使って、冷蔵庫にある野菜とスープにしてみたり、雑炊やリゾットでもOKで気分で選びます。
朝のだるい日にそんなのが面倒なのはわかりきっているので、前日に仕込んでおくのが私には楽ですね。
これで明日は大丈夫、といった安心感にも繋がっているように思います。
せっかくなら楽しみたい。
でも、二日酔いも心配。
スープのストックなら冷凍しておけるし、朝に卵でとじるかポトンと落とすだけでも問題なし。
飲むのが大好きだった母親から教わった、やる価値ありの一品です。

二日酔いには水分と糖分を補給!

今の時期、ついついビールを飲みすぎて、二日酔いで苦しむ人も少なくないでしょう。
ただでさえ暑さで体から水分が抜けているのに、二日酔いになれば、さらに身体の水分が足りていません。
だるさや吐き気、足の攣りなどを起こさないためにも、対策はしっかりしましょう。
まずできることは、酒を飲む前にウコンやヘパリーゼなどを飲んでおきます。
それがない時は牛乳でも効果があるので試してみましょう。
さらに空腹では絶対飲まないように心掛け、お菓子や果物でも良いので、必ず何かお腹に入れます。
そして寝る前に味噌汁を一杯飲むだけで、翌朝の負担が全然違ってきます。
できればインスタントでも良いので、しじみがベストです!それでも二日酔いになった場合は、とにかく水分を大量に体に補給してあげます。
スポーツ飲料はもちろん吸収が早いのですが、私の場合はリンゴ100%などの糖質のあるジュースが一番体に染みこみます。
とにかくトレイの回数も少なくなるくらい、水分が不足しているので、たくさん水分を取ります。
次に食事ですが、ごはんやうどんなど糖質のあるものを積極的に食べます。
食欲が無くても、食べないと良くなりません。
そしてお腹がいっぱいになったら、再度寝れば完璧です!仕事で寝れない人は、二日酔いに効くビタミン剤があるので、それを活用しましょう!

明るい午後を迎える方法

二日酔いで朝起きると気持ち悪い、頭が痛いという時は、まずは麦茶を飲みます。
お水だと喉を通っていかないことが多いため。
とにかく水分補給が一番大事だと聞いています。
そして、糖分を取る。
炭水化物を沢山取れと教わっているので、それに習って食べられる場合には吐いてでもおかゆやくたくたにゆでた麺類を食べます。
ある場合には枝豆を食べます。
えだまめは二日酔いに効果的な食材であると読んだことがあるため。
水分と等質で、頭痛はすぐになくなります。
気持ち悪いのは、ひたすらはいてしまうのが一番だと思い、食事と水分補給を繰り返して戻してしまっています。
二日酔いがひどくなると脱水症状が起きるので、避けるためにもとにかく飲みます。
一番いいのはポカリスエットだと思います。
飲む点滴の効果はすごいです。
体に溶け込んでいる感じがします。
でも、吐くのには適してないので、吐くときは水がいいと思います。
喉が気持ち悪くないので。
そしてお風呂に入り汗からもお酒を出します。
とにかく体外に早くお酒を出すことが大事です。
お風呂はクラクラしない程度のぬるいものに、方までゆっくりつかり、出来るだけ暖かい飲み物を飲みながらつかります。
シャワーだと私はあまり効果が上がらないです。

Copyright (C) 2014 二日酔いに効く飲み物 All Rights Reserved.